映画で感動すること

映画で感動すること⑰ ダークナイト(2008)

監督はクリストファー・ノーラン、主演はクリスチャン・ベールのバットマンシリーズ2作目です。故ヒース・レジャー演じるジョーカーは、狂気を感じる…

コメントなし

映画で感動すること⑯ モンスター上司(2011)

 この作品も現代を生き抜くサラリーマンのためのものです。パワハラやセクハラは今や社会問題となるまで深刻化していますが、これはアメリカでも同じ…

コメントなし

映画で感動すること⑮ アナベル 死霊館の人形(2017)

1作目の過去を描いた作品です。今までで一番怖いホラー映画シリーズです。一作目はレイトショーで観たのですが、がらすきの大部屋で観たため怖さが倍…

コメントなし

映画で感動すること⑭ チーム アメリカワールドポリス(2004)

この映画を観るとサンダーバードを思い出します。10年前に留学をしていたのですが、その時の英語勉強の教材として使っていた映画です。兎にも角にも…

コメントなし

映画で感動すること⑬ シュリ(1999)

韓国映画です。ハン・ソッキュ、ソン・ガンホという韓国を代表する名ベテラン俳優が出演しています。初めて見たときは高校生の時です。映画監督を目指…

コメントなし

映画で感動すること⑫ 死霊館のシスター(2018)

10月27日に死霊館のシスターを友人と見に行きました。昨年ちょうど同じぐらいに、アナベル2を見に行った友人たちと同じメンバーでした。公開から…

コメントなし

映画で感動すること⑪ ローガン ラッキー(2017)

この映画は感動も何もなく、はっきり言って糞映画です。予告編と俳優に騙されたって感じで、映画館で後悔しました。詐欺に近いものを感じました。映画…

コメントなし

音楽で感動すること⑨ ドラマから人気グループになった SCLUB7

好きな音楽グループが解散してしまいショックを受けることは特にたまにありますよね。今回紹介するsclub 7は、僕が知った時にはすでに解散して…

コメントなし

映画で感動すること⑨ BBCが選んだ「21世紀 最高の映画100本」について

BBCが選んだ「21世紀 最高の映画100本」という記事を読みました。僕のきわめて個人的な考え方ですが、ランキングというものが好きではありま…

コメントなし

映画で感動すること⑨ レオン(1994)

レオンはもう説明はいらない名作だと思います。スリルがある映画かと思いきや、ちょこちょこユーモアもありバランスが良い映画ですね。  ジャンレノ…

コメントなし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする