アイドルと付き合う同僚の話

スポンサーリンク

本日のブログのテーマはにわかに信じがたいのですが、同僚がアイドルと付き合っているとカミングアウトをしたのでこのテーマで書きたいと思います。こんな事って身近であるのだなと、世間の狭さを改めて感じました。

スポンサーリンク

同僚はもうすぐ40歳を迎えるどこの会社でもいる中堅の男性です。イケメンタイプといより、どちらかと言えば見た目は変態に限りなく近く、本人も変態であることを誇りに思っている様子です。職場の役員、上司、後輩からは老若男女、役職関係なく変態として親しまれるほど、憎めない人です。彼の性格は比較的穏やかですが、ところどころ下ネタを突っ込んでくるキモイおっさんと言うのが僕の印象です。しかし、女性社員から嫌われるというより、彼が下ネタを言うのは当たり前だという感じで、みんなにいじられている様子です。極めて珍しいタイプの変態なのではないかと思います。

そんな彼は大切に思っている彼女がいます。いつも食事の時に彼女の自慢ばかりします。よっぽど好きなのか、有給や退社時刻もほぼほぼ彼女とのデートに合わせて決めており、翌日にはのろけ話を聞いてもいないのにしてくるほどです。

彼がアイドルと付き合っているとカミングアウトする前の話ですが、彼は稼ぎのほとんどをその彼女につぎ込んでいるそうです。現状でも、マンションや携帯電話を全額負担してあげたりと至れりつくせりです。彼女の年齢を聞くと20代前半で彼とは一回りも若いとのことです。また、出会いのきっかけはSNSで知り会ったと言っており、しかも人には言えない仕事をずっとしていると話していたので、絶対に金目当てで付き合っている人間のクズだと思っていました。まさか、人には言えない仕事がアイドルだったなんて、驚きを隠せませんでした。

なぜ、同棲をせずにわざわざ別途マンションの一室を彼女のために借りたのかと聞くと、彼女の友達に付き合っていることを知られるのが嫌だからとその女が言ったそうです。これだけ聞くと本当に、同僚がいたたまれなくなります。

さらに彼の行動は常識では考えられないことを実際にやっているのでそれを紹介したいと思います。彼は、別の本命ではない彼女がもう一人いるそうです。さらに、時間があるときはナンパを行いに新宿や渋谷へ向かうそうです。これにも深い理由があったのですが、その話を聞くまでは単なる度スケベだと思っていました。

あるときひょんなことから、ネット上で私物を売るという話題で盛り上がったことがあったのですが、この時に彼の彼女の写真がネットやいろいろなところで売ることができたなんて話していました。男性向けの写真を売っているのだと、同僚たちがさすがに彼女と付き合うのを考え直したらと話していたところ、彼がさすがに彼女の名誉のために言うけれど、決してそんな仕事をしていないと顔色を変えて言いました。この時に、彼女がアイドルであることを口を滑らせてしまいました。

この後、食事をとりながら聞いてみたのですが、彼の行動のすべてが彼女のためだったとわかりました。まず、アイドルにはストーカーがつきもので、やはり彼の彼女にもストーカーがいるそうです。デートをしている時に、追っかけのファンに気付き、何度か撒くことができたそうですが、うまく撒けない時は離れ離れになって、彼がストーカーの気を引くとのことです。まんまと騙された、追っかけのファンは、彼が二股をかけている彼女の家に行くのを見て、安心してアイドルを応援するそうです。そのために、二股を掛けたり、ナンパをしたりしてカモフラージュをしているそうです。

また、マンションに一緒に入ると写真を撮られるため、合鍵を持って勝手に家に入るとのことです。携帯電話を自分用に渡しているのも、アイドルに恋人がいることがばれたら、成功をしないので、徹底して尽くしているそうです。アイドルと付き合うのも並大抵の努力がないとできないのですね。

彼がそのアイドルと知り合ったきっかけは、名前が世間に知れ渡る前で、貧乏で苦労している時から面倒を見ているうちに付き合うことになったとのことです。彼女の支援のため、いつも生活が苦しいと言っていますが、それでも彼は毎日楽しそうにしています。また、彼女が整形しちゃったなんて、ぼろっと話していた時もありましたが、今となってはすべてがつじつまが合う話です。

ある時、今日は芸能人と会うのだとすっごくうれしそうなときに話していた時があったのですが、その当時僕を含めた同僚全員がどうやってその人と友達になったのか不思議に思っていました。その人と同僚の彼女が同一人物かは不明ですが、その可能性はかなり高いのではないかと思います。

今年中に、彼女と結婚したいと言っていましたが、果たしてアイドルを辞めて同僚と結婚するのか、もしそうなら、30代後半の会社員と結婚とニュースが流れれば間違いなくそれは僕の同僚でしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す