30代で未経験職種に年収アップで転職できるのか その2

スポンサーリンク

昨日に引き続き30代で未経験職種に年収アップで転職できるのかについての記事です。具体的にどうすれば、まず書類選考などで他の志望者と差別化し、未経験でも面接まで呼ばれるかについて、自分の転職経験を踏まえて、その差別化の方法を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

この企業がいいなーっと感じた時、どうやって履歴書をその企業に出していますか。今の時代、転職サイトや転職エージェント経由で出すのがほとんどだと思いますが、僕は一切その手の転職支援系のサービスは使わず、企業のホームページやメールアドレスに直接、履歴書と職務経歴書を送りました。これって非常に非効率だとは思いませんか。でも、僕はあえてこの方法を続けていきました。転職相談も受けることなく、この方法を頼ったためもちろん企業の情報も自分で調べまくりました。転職サイトを使った場合の書類選考の通過の割合はわかりませんが、もし未経験職種で4割を切るようでしたら僕と同じ方法を手間がかかっても内定をもらえる時点まで考えると効率が良いかもしれません。

なぜ企業ホームページからのエントリーにこだわったかなのですが、一番の目的は内定をもらってその会社でお世話になる際に、転職支援系サービス会社への仲介手数料の支払いを節約したかったからです。もちろんこれは、転職者が払うものではなく採用企業側が支払うものですが、でも内定時に僕たちが提示された月収の数か月分を手数料として払うのです。企業側も決して安い手数料ではないはずです。ここを一番に気にして、企業ホームページか直接応募しました。

もちろん仲介手数料がかからないから気軽に内定を出すということは決してないですが、それでも、二人内定を出したいが予算の都合上どうしても一人しか出せない場合、どちらも採用後の働き具合は同じぐらいだと見込まれると、仲介手数料がかからない方に内定を出すのは容易に想像できます。また、年収の決定時にも、高額な仲介手数料がかかっていない分、多少年収の提示を上げても良いかななんて企業側が思ってくれたらしめたものです。

その他にやはり多くの転職希望者は転職支援系のサービスを使うため、人事担当者はたまに来る自社ホームページからのエントリー者の状況に気になります。こうなってくると、既に他の転職者よりほんの少しだけ、ポイントを稼いだことになります。そして面接時に、どうして転職支援系のサービスを使わず、企業ホームページから直接応募したのかと尋ねられると、仲介手数料の件を応えれば、企業へ対する配慮に感動を覚えてもらえることでしょう。現に、この手の質問を受けた企業は、役員面接まで誘っていただきました。

このようなことから転職支援系のサービスを使わず、企業ホームページから直接応募することをお勧めします。このほかにどのように他の志望者と違いを示す方法があるでしょうか。企業側に提出書類は履歴書と職務経歴書はどこも必須だと思います。この職務経歴書が面接に呼ばれる鍵だと思っていますが、定型型の履歴書も忘れてはいけない箇所があります。志望理由と自己PRです。ここだけは、職務経歴書と併せて大変時間をかけて丁寧に記載してください。誤字脱字はあり得ません。推敲に推敲を重ね、一義的かつ簡潔な文面を心掛けてください。志望理由と自己PR、職務経歴書で他の志望者と差別化できそうな方法は次回の記事で紹介いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す