30代で未経験職種に年収アップで転職できるのか その1

スポンサーリンク

よく友人とかから聞かれることなのですが、どうすれば未経験の職種に転職できるのかです。タイトルも今回は“30代で未経験職種に年収アップで転職できるのか”ということで、結論はできるというのが感想です。僕自身36歳で、以前の記事のように未経験職種に転職し大きく年収をアップすることができました。年収がアップすればいいというものではなく、同年代が稼ぐ年収の平均よりはすでにもらっており、更にアップすることを目指すにはどうしたのかを書かせていただきます。

スポンサーリンク

どの転職エージェントを見ても、30代後半ではおそらく未経験職種で年収アップは容易なんて記載はないと思います。僕自身も容易だとは思いませんが、企業を選択すれば可能だとは思います。それは、年収が高いと言われている上場企業や大手企業に転職することです。もともとの基本給が高いので、未経験ということで給与評価を下げられてもそれでも比較的高い水準を狙えます。でも、そもそも上場企業や大手企業が未経験の30代後半を採用するのかですが、十分に採用はありえます。それは特別な資格や学歴、職歴でなくても他の就職希望者より、優秀であるということをアピールすれば十分な勝機があります。現に僕は、最終的に務めている会社以外にも、書類選考通過、1次面接通過をしています。

さて、問題はどれくらいの割合で、大手企業や上場企業がごく普通の未経験の30代後半を採用したいかと思うかです。おおよそ4割の企業で書類選考が通り、SPI等の試験、面接に進みました。ということで、未経験の職種で少なくとも4割くらいの企業が受け入れてくれます。なお、前職は公務員という行政職で、転職では事務職を希望したので、現在公務員の方は僕と同じ割合程度は採用の可能性があるのではないでしょうか。まぁ、面接や役員面接でも、未経験の職種で働くことや、その仕事のイメージや、知っている事を聞かれることはもはやお馴染みでしたが、一貫して経験はないけれどもこう理由で少しは知っているとかと前向きにアピールしました。

ここで注意してほしいのが、中堅企業に30代後半で未経験職種で転職はほぼ不可能だと感じました。残念ながら、大手と比べほぼ書類選考が通りませんでした。これはきっと大手と異なり、少数で仕事を回しているため、未経験者を採用することにリスクが大きすぎるからだと思います。本当の意味で即戦力を求めているから、書類選考さえ通らなかったのだと思います。一方で、大手の場合それなりの人員がいるため、常に募集をかけており、優秀な人員ならいつでもほしいというスタンスです。ここでいう優秀と言うのは、きっと一部は経験者として優秀と言う意味も含みますが、それは僕が書類選考で落ちた6割の大手企業の話だと思います。少なくとも4割の企業がほしいと思う優秀な人材とは、その企業にない価値観を持った人やその企業の風土にマッチした人材を言うのだと思います。そうでない限り、僕のような特別な資格、学歴、職歴を持たないものがタイトルのような転職をできるとは思いません。

さて、面接まで行けば後は企業との相性だけなので、ここは数をこなすだけです。なぜなら、履歴書や職務経歴書で、企業側も未経験と知っていて面接に招待しているので、相性さえ良ければ採用する気はあるからです。転職では、1次面接で部長、2次面接で役員面接で終わるため、面接をする人たちは企業でかなりえらい方で、とても忙しく、嫌がらせや、からかいで未経験者を呼ぶということはしません。でも、そもそも面接まで呼ばれないよという意見もあると思いますので、僕がどのように他の経験がある転職希望者との差別化を図ったのか、何回かに分けて記事にしたいと思います。しばらくは、昨日の記事と併せて転職ネタから今年は書いていきます。

スポンサーリンク

コメントを残す