想定外の展開に多くの観客が号泣していた映画 ラストクリスマス (2019)

スポンサーリンク

今日はなんとなく昼食とマッサージの予約の時間を埋めるためだけに、適当に選んだ映画の紹介をします。本当はドクタースリープの方をその時は観たかったのですが、マッサージの予約の都合上見ることができず、何か軽く見られるものを探していたところ、昨日12月6日に公開されたラストクリスマスがあったのでどんなストーリーかも知らずにチケットを購入しました。映画のラストは、周りが泣くほど心を動かされていました。

スポンサーリンク

映画のジャンルはラブコメディとなっていたので、笑えるかなと思っていたのですが、いい意味で覆されました。この映画のネタバレはしたくありませんので、確信のネタバレなしで紹介いたします。タイトルのように騙されたと思って観に行ってほしい映画です。今年の最高傑作はジョーカーだと思っていましたが、この映画の方がはるかに心を動かされました。偶然に出会った映画でしたが棚からボタモチでした。見た後にすごく幸せな気持ちになれました。ザ・映画という感じです。

タイトルのラストクリスマスは、昨年のクリスマスという意味なのですが、この映画を語るうえで重要な意味を持ちます。決して最後のクリスマスではありません。ワム!のラストクリスマスが劇中何度も流れるのですが、まさかこのような展開になるなんて思ってもいませんでした。英語のリスニングが苦手な人は、この日本語訳を映画を見る前に眺めていけばより映画を楽しめるのではないでしょうか。この歌の歌詞にも大きな意味と伏線を持ちます。コメディと紹介があるように、大変卑猥な言葉が多い映画なので一瞬、B級映画に当たってしまったと思い、下品な言葉に対して劇中に大きな笑い声で反応する外人とは反対に、全然笑えないと感じていました。

映画の展開としてはドジでガサツなヒロインが素敵な男性と出会い成長していくというオーソドックスな映画です。ストレスになるから携帯電を棚に置いて、いつも持たない等、男性役の人が普通に見ればかなりの変人にも見えますが、かなりのかっこいい雰囲気をまとっており全力でポジティブです。お互いの出会いはかなり不自然、でも必然だったのかもしれません。いつも上ばかり見ている彼に、街の新しい発見をする彼女です。彼がホームレスのために福祉活動をしていると知り、彼に恋に落ちている頃には彼女自身もホームレスの支援を行うことになります。圧倒的な余裕と優しさを持つ、こんな男性のように生きたいなとも思ってしまいました。

このホームレスと言うのは純粋なイギリス人たちでしょうか。きっと、旧ユーゴスラビア出身の彼女のような人たちがイギリスに押しかけて来て、職を奪われた人たちなのでしょうか。昔からイギリスで暮らしている人たちの彼女たちにたいする不満も爆発で、何か世間の厳しさも表現し、現実の単なるEUから離脱して独立するというだけではないブレグジットの根幹部分を表現しています。これは誇張なのかどうかは僕は実際にイギリスにいるわけではないのでわかりませんが、実に新鮮な描写でした。

ほぼどうでもよさそうな下品な言葉と世間描写がずっと続くなか、ラスト15分あたりから物語は急変します。彼女は彼に過去に心臓移植を受けたことを伝えます。精神的にかなり不安定になっている彼女に対し、彼は人が人としていられること自体が難しいのだとだから上を見て生きろと優しい言葉をかけます。(記憶があいまいですが、、、。)彼が上を見ていたゆえんでしょうか。本当にこんな生き方は憧れますね。

最後は、どん底からハッピーエンドに向かいます。人と人とがどのように繋がり、どのように協力して、そして過去を清算して生きていく描写に変ります。まさかの展開から一気に彼女の笑顔と幸せな家族と仲間の描写に変り、この辺りは下品な言葉に声を立てて笑っていた外国の方も号泣しており、周りの人たちもすすり泣く音が劇中に響き渡っていました。同様に僕も涙があふれて来ました。でも、不思議と悲しい映画と言うより、とても元気になれる前向きな映画で、最後の15分でここまで人の心を動かすことができるのもこの映画の魅力でしょう。涙が出るほど悲しい映画のはずなのに、なぜかとても前向きな映画なのです。是非、劇場へ向かい見てほしい作品です。

さて、このラストクリスマスはストーリーだけじゃなく劇中で使われる音楽も注目の作品です。冒頭で述べたようにワム!のラストクリスマスがメインテーマ曲として頻繁に使われるのですが、その他未発表曲であった、this is how (we want you to get high)がエンドロールに使われています。意味は、僕らは君にこんなふうにハイになって欲しいんだくらいでしょうね。大変かっこいい曲で、エンドロール中、後で調べようと思っていました。I tuneで次の日に早速購入しました。残念ながら単品では販売しておらず、アルバム購入で1630円でした。

スポンサーリンク

コメントを残す