Luminar 4 (ルミナ―4)を買った

Luminar 4 (ルミナ―4)を買いました。ルミナ―ってそもそもなんなのかなのですが、写真編集ソフトです。しばらくアドビから出ているlightroom(ライトルーム)を使っていましたが、そろそろライセンスが切れるころを迎え、更新しようかどうか悩んでいました。とはいえ、年間ライセンスは1万円を超えるもので、一年ごとに払い続けなければならないサブスクリプションです。本当は購入できるなら少々高くてもlightroom一択なのですが、これから何年も使い続けると10年で10万円ですから、かなり高いでという感じです。かつ、プロとして写真を撮っているわけではなく、たまに撮って、それをたまにlightroomで編集するので、極めて使用頻度が低いのです。年間でも10回も使ってないかもしれません。そこでlightroomの代替となるものがあれば、それを買いたいと思うようになりました。lightroomの代替となると評価が高いルミナ―を知ると、11月に最新のルミナ―4が発売されることを知りました。どうせ買うなら最新バージョンをと発売日を待ち続けていました。

スポンサーリンク

アマゾンでルミナ―4を1万1千円程度で購入し、ダウンロードをしました。さすがアマゾンのダウンロード販売だけあって、スマホ回線のテザリングでもあっという間に2G分をダウンロード終了し、すぐに使えました。さすがにlightroomの年間ライセンスより安く、これでずっと使えるならと考えました。購入した後に知ったのですが、ソフトを起動させた後に体験版かライセンス購入の選択がありました。気になる方は一旦、体験版でどんなものかを試してみるのはありかと思います。ちなみにlightroomも体験版が使用できますので、両方を使い比べるのは手だと思います。

ルミナ―4の話に戻すと、アマゾンで購入したライセンスを入力しました。まだ説明書を読んでいませんが、とりあえずで使ってみた感想です。Rawファイルとjpegをまずは取り込みました。サムネイルはlightroomよりかなり取り込みと表示が早く、見やすいという印象です。ここで予期せぬことに、ルミナ―が強制終了してしまいました。再度起動し、先ほど取り込んだ写真(RAW)を編集しようとしたところ、またソフトが強制終了するのではないかと言うくらい、動作が遅いのです。編集に至っては遅すぎてイライラが募るのが正直なところです。

ネットの口コミで調べてみるとルミナ―3の時点で動作速度がかなり遅いとの書き込みが多く、ルミナ―4になっても改善はされていないというところです。その他lightroomにはない編集機能がたくさんありましたので、随時備忘録を兼ねて使用したものを記事として紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す