日常の感動28 仕事を辞めたいときに知ってほしいこと 1

 このテーマでは仕事について思うことを記事にしていこうとます。仕事を辞めたいとか仕事に行きたくない、給与が低い、将来が不安、対人関係が悪い、ブラック企業であるとか、このような悩みを抱えてこのホームページにたどり着いたのだと思います。そんな人に少しでも役に立つ情報を書くことができたらと思います。

僕自身 1年で新卒で入ったところを辞め、その後も10年間勤めたところを辞め、今の会社に入りました。10年間勤めたところを転職先が決まる前に辞めるのは、非常に悩みましたが、転職して数年がたった今の状況を評価してみると、大いに満足であり、後悔は一切ありません。すべての人が僕と同じような状況や悩みではないことは当然ですし、同じように転職したからと言って、満足のいく結果になるとは保証しきれません。それでもいま悩んでいる人の役に立つならばと自分の経験を記事に書かせていただきました。

というのも、2度の転職を経験したことから、友達や前の職場の同僚などから転職について聞かれることが多くなりました。数年で仕事を変えている外資系のような人からすると、職の数が少ないかもしれません。それでもたくさんの意見や考え方の一つとして、参考にしていただけたらと思います。

さて1回目のテーマなのですが、仕事を1年で辞めることについてです。特に僕の場合は新卒に入ったところを1年で辞めたため、非難する人もいると思います。社会人として経験を積み 40歳手前となった今、非難する人の考えかたもわかりますし、辞めたい側の考え方もわかります。

まずは、1年で仕事を辞めることに否定的な人の考え方はこのようなものだと思っています。役職を経験し、一部は下の考え方を持ったことはあります。
・1年間では会社の利益に貢献しておらず、給与の他に研修費用までかかり損失しかない。
・石の上にも3年という諺があるように、とりあえず3年は継続することが重要である。
・長く勤めれば仕事の面白さがわかってくるはずで、まだその段階でないのに辞めるのはもったいない。
・大変優秀な人材が1年で去ることは会社にとって損失であり、もっと仕事をしてほしい。
・したい仕事をするために入社したのに1年で辞める理由がわからない。
・自分より後に入社した人が先に辞めることにいら立ちを覚える。
・指導した苦労が無駄になり、また新人の教育をしなければならない。
・次の採用まで仕事の負担がかかる。
・部下が辞めることで自分の評価が下がる。
・仲間が職場を去るのはつらく、もっと一緒に仕事をしたい。
・1年で仕事を辞めることに対する次への転職の際の社会の厳しさ。
・すぐに辞めるなんて精神的に弱い。

一方、すぐにでも仕事を辞めたい人の考え方はこうなのではないでしょうか。ここでは新卒で入ったところを1年で辞めた経験からがほとんどです。
・将来が展望できない。
・なんとなく入社した。
・会社説明で聞いた話と違う。
・会社に対する不信感がでてきた。
・ほかにしたいことができた。
・仕事が面白くない。
・対人関係が悪い
・ブラック企業だった。
・パワハラやセクハラがある。
・仕事に向いていないと感じた。
・残業が多い。
・ほかにもっといい仕事があるはずだ。
・イメージしていたサラリーマン生活と異なる。
・給料が低い。
・希望の仕事ではなかった。
・希望の勤務地ではなかった。
・仕事以外も含めすべてが嫌になった。
・体調が悪くなった。
・別の会社から引き抜きがあった。
・友人の会社の待遇と比較した。
・過小評価されている。
・同期/先輩が会社を辞めたため、連鎖で辞めたくなった。

特に何も考えず羅列すると、上記のような感じで、圧倒的にすぐにでも仕事を辞めたいと思う意見の方が例を挙げやすかったです。半分近くは自分が辞めたいと思った時の例です。

他にも仕事は長く続けるべきだという人と、すぐにでも辞めたいと思う人のそれぞれの考え方はあるはずでしょうが、ここでこの両者の例で大きな差があります。そもそも僕が例を挙げきれていないだけかもしれませんが、両者の考え方が相反するものを下に挙げます。
左側が仕事は長く続けるべきだという人の意見で、右側がすぐにでも辞めたいと思う人の意見です。

・すぐに辞めると会社の利益に貢献していない⇔給与が低い
・仕事の面白さがわかる前に辞める⇔そもそも仕事が面白くない/したい仕事ではない
・したい仕事があって入社したのでは⇔なんとなく入社した
・もっと一緒に仕事をしたい⇔残業が多い、対人関係が悪い、パワハラ/セクハラ
・すぐに辞めるのは履歴書を汚すだけ⇔引き抜きがあった、もっといい仕事があるはずだ
・精神的に弱いのでは⇔体調悪化で辞めたい

スポンサーリンク

と、ある程度は両者の意見が真っ向から対立するのですが、それ以外の理由もあります。
例えば、長く仕事を続けるべきだという意見では、石の上にも3年とか、若い人が早く辞めることのいら立ち、仕事の負担増とかが挙げられます。すぐに辞めたい人では、将来が見えないとか、仕事以外も含めすべてが嫌になったとか、連鎖で辞めたくなったとかではないでしょうか。

そもそもこれらの理由には、長く会社にいる人や人事担当、経営者等とすぐに辞めたくなった人の間に埋められない理由の溝があるからだと思います。僕は自分が新卒で入社したところを1年で辞めたことに対して、誇れることもないと思っており、非難も受け入れますが、それでももし誰かがすぐにでも会社を辞めたいとか、死ぬほど出社が嫌だと考えている人がいれば他の人の事を考えずに仕事を辞めた方がいいと伝えるでしょう。体調崩したり、再起不能の辺りまでダウンしたり、死んでしまっては仕事をしている意味がないからです。よく、新卒の採用時に自己実現のために仕事をするなんてかっこよいフレーズが飛び交っていましたが、そもそも仕事をする根本的な理由はなんなのでしょうか。

楽しいからと答えられる人は、好きなだけ仕事をしてくださればいいと思います。そんなふうに答えらる人は、羨ましいと思いますが、果たして地球上に何人そんな人がいるのでしょうか。

根本的には生きるために働いているのではないでしょうか。そして稼いだお金を楽しい事や好きなことをするためではないでしょうか。だからこそ、不動の考えですが体調崩すぐらい辛い仕事なら辞めてしまえばいいと思います。法律的には退職届を出せば、まぁ仕事はやめられないことはありません。世の中たくさんの企業があり、今のところがだめなら他のところで働くことができます。そして今の時代、日本がだめなら世界に目を向けて外国で働くこともできますし、それでも理想の企業がなければ自分で作ればいいだけです。

結論は辞めたければ、悩む必要はなく辞めればいいということです。ただ、これはあまりに無責任と言うか、暴言に近いと感じでいますので、なぜ長く働くべきかとすぐに辞めるべきかという意見があるのかを考えていきたいと思います。こうゆうところがきっと、転職時の面接でもある種のキーポイントとなるのではないかと思います。人事担当者や上長、経営者は長く勤めてほしいと思う一方、すぐ辞めた人を採用する場合には、もう一度すぐにやめるというリスクがあるのではないかと思うのです。そこさえ自分の言葉で埋めることができれば、1年で辞めることに不安は持つ必要はないでしょう。

すぐに仕事を辞める人について、たった一つだけは同意できないことがあります。それは給与が低いからという点で辞める場合です。この理由だけで辞めるのは極めてリスクが伴うと思っていますし、人事担当や経営者がどう思うかは必ず知っていてほしい事です。そもそも、新卒で採用した場合、給与/福利厚生費の他、採用活動や研修など多くの費用が掛かっています。そして、先輩方も、その人が一人前になれるように多くの苦労と時間をかけ指導を行います。そして、会社経営には税金の計算を行う部署や社長の給料とかの間接部門の費用も馬鹿になりません。それらのコストを考えると、もらっている給与の額以上の仕事をしないと、会社側からすると損失がでます。そのため新卒や入社すぐは給料が低いのは仕方がありません。ただし、10年経っても給与が同じであれば、そもそも利益から従業員に配分される体質の企業ではないため離職は考えるのもありだと思います。

そんなこともありすぐに辞めそうな雰囲気や前職の理由があれば、転職時の面接は突破できないでしょう。少なくとも採用にかかった費用を回収できるまでは、社長としては従業員に辞めてもらうと困るのです。こんな考え方があることは知っていてほしいです。

つい先日、中途の同僚とこんな話をして盛り上がりました。3年目程度の若手が、転職での給与の考え方について聞いてきました。僕はすかさず、給与が理由で転職なら辞めた方がいいと答えたのですが、同僚は給料が高いところに行けるなら、行くべきだと真っ向から反対意見でした。

僕自身は、贅沢できなくても生活がギリギリでも、そこそこの残業で信頼できる同僚/上司/経営者と楽しく仕事ができるなら、十分にありだと思います。少ない給料でもそれをやりくりして生活をするのも能力だと思います。一方で同僚は、給料が高ければ死ぬほど残業して、プライベートの時間がなくても、どんだけ怒鳴られたりしても耐えられるといいます。忙しくても全く時間がないとはあり得ないはずだと言います。こんなに意見が同僚と食い違うとは思ってもいませんでしたが、どっちが多数派なのでしょうか。

この手のテーマはまだまだ書きたいことがあり、これからも書いていこうと思いますので引き続き興味を持たれた方はよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す