日常の感動27 肩凝りとマッサージ

 今日は肩凝りとマッサージについて書こうと思います。僕は医学的な見地は持ち合わせていませんので、あくまでも個人的な見解としてとらえてくださればと思います。

 それにしても肩凝りで悩んでいる人が多いみたいですね。今でこそ肩凝りはありません。しかし10年前は数日に一回は頭痛や目の奥がえぐれるような痛みに悩まされていました。仕事から帰るときには、もう立っているのも辛く、電車で立ったまま意識を失うように眠りに落ちることも何度もありました。
 
 こんなに激しい痛みに耐えながら仕事を続けるのはきつく何度も仕事を辞めようかと思っていました。そんななかバファリンを手放せない日々を過ごしていました。

そんな中、ネットで肩凝りに効くツボを知り、押してみると激痛が走りましたがあまりの気持ちよさのためずっと押し続けていました。するとなんとなくですが、少し楽になった気がしました。

そんなこともあり、マッサージに興味を持ちまずは手軽な足つぼに行ってみました。はじめは恥ずかしい気持ちもありましたが、足つぼを押されるとその一押しごとに凄まじい痛みを感じ、それに耐えていました。一時間の施術が終わる頃には、痛みに耐えたことから冷や汗をかいていました。ただ、帰り道には足が軽くなり、すっきりした気持ちなりました。

ただ、やはり仕事をしていると頭痛や肩凝りはやって来ました。マッサージは高く、毎日行きたい気持ちはありましたが、1,2週間に1度のペースならと足つぼマッサージを受けるようになりました。足つぼを受けしばらくすると、頭痛は引き楽になるのですが、仕事をしている限り、頭痛とマッサージの繰り返しの日々でした。そんな中、ボディーマッサージも受けてみました。足つぼが効くのだからと、なんとなく受けましたが、足つぼとボディのマッサージの組み合わせが大変良く効きました。

スポンサーリンク

こんな1週目足つぼ、2週目ボディ、3週目休憩の繰り返しを1年くらい繰り返していました。完全に癖になっていました。が、頭痛や眼痛、肩凝りと言う日常はいつの間にか遠のいていました。完全にこれらがなくなったかと言うと、そんなことはありませんでしたが、でも仕事を続けていけそうな、薬に頼らないそんな体質にはなっていました。

そして、完全に頭痛なし生活を送ろうと、腕たせ伏せやランニングなど筋肉と体力を付けようとしました。ちょうど30歳くらいの時だったでしょか。いつの間にかジムにも通うようになり、筋肉も体力もついてきました。しかし、相変わらず足つぼとボディマッサージは受け続けていました。もう、頭痛は数か月に1回、眼痛は完全になくなりました。肩凝りも気にならないレベルになりました。

頭痛や肩凝りにお困りの方は、バファリンも効きますが、マッサージや運動も試してみてはいかがでしょうか。かなり時間はかかりますが、完全に治ったと言えるレベルまで気にならなくなります。

あと、1年に30回程度マッサージを受けることを10年続けてきた経験からいうと、1時間3000円で受けられるようなマッサージは効きません。マッサージは金額ではないことはわかっているのですが、その程度の金額で受けられるマッサージと5000円を超えるマッサージではレベルが違いすぎ、本当に苦しい思いをしているなら後者を選択してください。経験から、批判を恐れず書くと、前者のマッサージでは効果も少なく時間とお金の無駄だと思っています。

大体施術者の時給を考えると最高で3000円のはずですが、もちろんそっくりそのままもらえるはずもなく、消費税分や家賃等のお店の取り分を考えると、技術料というよりほぼ時間を売っているような時給となります。都会に行けば行くほど、この傾向は強くなり、極端に安いマッサージ店はやめた方がいいと考えています。よっぽどの事情がない限り、実力があるものはその実力にあった場所で働いているのではないのでしょうか。

今では月2で1回7000円程度なら、健康を考えるとその出費は惜しくありません。むしろ積極的にマッサージを受け、リラックス効果やその他のきっと目に見えない効果を感じています。

スポンサーリンク

コメントを残す