日常の感動25 暑すぎて外に出られない

今回の記事は、感動を通り越して、暑さに対してもはや共感を求めているだけかもしれまん。梅雨明け後東京は猛烈な暑さが続いています。非常に暑いです。体温近く外気があります。そして、アスファルトの上を歩くと、照り返しやこもった熱を感じます。そのため、日中に外に出ると、熱中症により、命の危険さえ感じます。

こんな時に思うことは、職場だと比較的広い空間で、エアコンも適度に効いて、仕事というノルマもあって、充実して過ごせるのですが、休日となると部屋にこもりっきりで、暇を持て余しています。

このこともあってか、なんとなくかブログさえも更新が続いています。

ここのところ、フィリピンやタイ、ラオスに旅行したので、まずこれらの国と8月の日本の体感気温を比べてみました。

正直、どこの国もアジアに属していて暑い事には変わりません。フィリピンに至っては、湿気も多く、東京と変わらないのではないかと思います。そのため、夏の避暑地としては向きません。

タイは、暑いけれども日中の最高気温は東京よりも低く、まだ耐えうる暑さと言うのが感覚でしょうか。日本でいう秋初めの、夏の気温が残っている状態が続いているというところでしょうか。

ラオスは、タイと同じように日中最高気温が東京よりも低く、日中に何度もスコールが来るため、そのたびに湿度は高くなりますが、気温はぐんと下がる感じでした。また、夕方以降急激に気温が下がっている感じで、夜の街はかなり快適です。また、山岳地帯のため、風はとても東京の都会のように熱波と言う感じよりも、心地よい森の風で、日中も風が吹くたびに癒されていました。

どの国も夏は暑いのですが、東京のは別格に暑いのではないかと思っています。特に8月のアジアへの旅行は、日本以上の暑さを想定しためらうのかもしれませんが、案外若干は涼しいかもしれません。

スポンサーリンク

今では、暑さに弱くなりエアコンの効いた涼しい部屋で過ごしていますが、10年前の20代後半は、エアコンのない部屋に住み、扇風機だけで夏を乗り越えていました。今思うとよく4年間も冷房と暖房に頼らない生活ができたなと思います。正直その頃も熱帯夜は頻繁にあり、朝起きた時に寝汗でびっしょりでした。日中も35度を超えることも何度もありました。30代からはさすがにそれはきつくなりました。

この暑さで持て余す暇をどのように過ごしているか、紹介したいと思います。休日では、早朝か夕方にランニングをします。とても日中に行うことは苦行を越え、死を意味すると思っています。比較的暑くない時間でさえ、気温の影響で相当な汗をかきます。正直、甲子園球児や、オリンピック選手の精神力や暑さの耐性は脱帽です。しかしながら、人は人で皆きっと同じなので、熱中症に対して心配にもなります。このようにして暑い中の運動はクリアです。ジムに行っていたころは、涼しい中運動できてよかったと思います。

さて、それでも1日は24時間で、まだかなり長いです。昼寝もします。しかし非常にまだ暇を持て余しています。涼しくなった夕方に街を歩いたり、水族館、美術館、映画館などもすっきりします。

また、今まで録画し溜め込んだものを一気に見てもいますが、ずーっと室内でテレビを見続けるのも案外苦痛です。そんなこともあり、ギターなど音楽もやりますが、人って同じことをし続けられる限度がありますよね^^

そしてネットでいろいろな人の記事を見て、時間を潰します。まだネットがあるだけ、新鮮な情報で面白味を得られていいなーと思いますが、、、、。長くてもこの暑さもあと1か月でしょうか。秋が待ち遠しくなる今日この頃でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする