日常の感動22 趣味について2

2週連続でスキーとスノーボードに行ってきました。先週は石打丸山、今回は舞子リゾートです。天気は先週と一転、快晴ときどき少し雪で、スキー スノボーには最高の天気でした。

舞子リゾートを僕は好きなのですが、その理由はスキーやスノボーを毎回レンタルしているのですが、舞子リゾートは塚レンタル料の支払いなしで、チェンジできることが魅力です。その他、醤油ラーメンが別格でおいしいところです。きっとゲレンデ特有の魔法の影響で一層おいしく感じているのではないと信じています。まぁ、味は主観的なので、どちらにせよ千円程度でそこの量がたべられることとは、魅力の一つです。

コースは、初心者、中級者コースが大半で、ゴンドラに乗って上の方まで行くと長距離をスキーセンターまで下ることになります。結構なスピードで下っても、20分程度はかかるのではないかと思うほど、長い距離です。初心者の場合、上から下まで滑るだけでそれなりに上達するのではないかと思う距離です。

また、レンタルできるスキー、スノボーどもサルモンやバートンと言ったメーカーのもので、店員もしっかりとした方が働いていらっしゃるようすです。スキーセンターには温泉もあり、汗と疲れを落とすこともできます。こちらも低価格で、サウナ付きの温泉です。

さて、そんな大好きな舞子リゾートでも嫌な点が2点あります。一つは、昼あたりになると人が多すぎて、細いところを滑るときには、注意しないと危なく、ある種コースの難易度が上がります。また、4時過ぎになり徐々に下山ルート以外のルートが閉鎖されていくと、我先にとばかり、多くの人が猛スピードで下山していく様子が雪上の暴走族のように思えるほど、危なく感じています。こけて倒れている人の間を猛スピードで下る人が大量におり、今まで事故はなかったのだろうかと心配になります。

次の嫌な点も人が多い事に起因するのですが、ロッカーが広いのですがぎゅうぎゅうなのです。歩ける面積は決して少ないわけではないのですが、人が多すぎるので歩きづらい、着替えの待ちがある、帰り際は汗臭い…かなり汗臭いなど、たまたまかもしれませんが、難点もあります。ただし、ロッカーは400円で100円戻ってくる方式で、この100円の返金ボタンを押さない限り何度でもロッカーを開け閉めできます。この方式のロッカーのメリットは、忘れ物をした時や、滑っていて暑くなったときに気軽に服を置けることです。

舞子リゾートに行くと、前半はスノボーで後半にスキーをするのですが、やはりスノボーの方がより人気があるようで、午後にスキーにチェンジする際にスノボーの様子も見たのですが、在庫がほとんどない状態です。一方スキーは自由に選べるほど在庫にあふれていました。そのため、もしスキー スノボーの両方を楽しみに舞子リゾートに行く方がいらっしゃるならば、スノボースキーの順を強くオス勧めします。在庫不足で、スノボーを楽しむことができないかもしれません。

スノボーについては2週連続でしたこともあり、少しは滑れるようになった気がします。相変わらず何度もこけるのですが、先週よりは滑れる距離が伸びました。ただ、想定外だったのは、滑りはじめてすぐにふくらはぎがつり、後半では太ももがつってしまいました。スキー スノボーでつったのは、4年前に初めてスノボーをした時以来でした。夕方には激しい筋肉痛に襲われたのは想定内となりました。

帰りの新幹線では、コンビニで買ったお酒を飲みながら、旧同僚と過去の馬鹿話をしながら充実した一日となりました。スキー スノボーが好きな理由は、それ自体が楽しいのは当然のことですが、帰り際などにみんなと一緒に過ごす時間も素敵だと感じているからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする