日常の感動⑱ カメムシ 大量発生???異常気象

最近とても気になっていることがあります。今年2018年は異常にカメムシが発生していませんか。十二月の半ばを超え、2019年を迎えようとしているにもかかわらず、室内にカメムシがいました。室内にカメムシが入ってきた原因は、浴槽の乾燥のために窓を開けていたからですが、真冬だというのにカメムシ見ること自体がとても不思議です。

カメムシの異常発生は、次の理由から思い過ごしかもしれません。今年は都会のタワーマンションから、閑静な住宅街のマンションに引っ越しをしました。そのため生活環境が大きく変わったため、当初は夏にはカメムシくらいは出るものだと思っていました。夏には、ほぼ毎日室内でカメムシを見ていました。しかしまさか真冬に見るとはと思い、ブログに書くことにしました。

今年の夏は異常気象といわれるほど、大変暑い夏でした。そのためか昆虫たちもたくさん発生してもおかしくないと思います。今年の冬はエルニーニョと呼ばれる、海水温が高くなることから、暖かい冬が来ると言われています。確かに都内の昼間は大変温かく、先日は路上のテーブルがあるお店で食事をすることもありましたが、寒さなど一切感じず、とても心地の良い春の日差しのようなものを感じました。

この暖かさとカメムシの異常発生らしきものとかかわりがあるのかどうかは不明ですが、カメムシと遭遇しているのは僕だけじゃないと思いたいところです。僕だけであるならば、それはマンションの立地が原因なのでしょうね。

そうそう、友人がゲテモノ料理店に行き、カメムシを食べたとのことですが、人工的でとても強烈な青リンゴのにおいがしたそうです。一度は食べてみたいと思う感想ですね。

もうもう一つ別の友人で、サイクリングが趣味なのですが、自転車をこいでいる時に口の中にカメムシが飛び込んできたそうです。これは、経験したくないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする