音楽で感動すること⑫ SE846 とSE535

ついにSE846を手に入れました。PAY PAYの還元セールとビックカメラのポイントアップクーポンと、音楽雑誌の値引きクーポンで実質70000円で手に入れました。正直なところ衝動買いです。いつかはSE846を買うと思っていましたが、まさかSE535を買って半年後に買うとは思ってもいませんでした。

以前のブログにも書きましたがSE535の音は感動的で個人的にはこれで十分だと思っています。ところが、この音に惹かれると上位機種のSE846の音が気にならないわけではなく、レビューを見るとSE846はSE535と比べ別格というコメントが多数あり、興味はありましたが価格がネックとなり手を出しにくいのです。ここへPAY PAYが舞い込んできたので、迷う暇はなかったです。

ビックカメラで買ったのはいいですが、在庫切れで、後日配達となりました。購入から10日以上かかりました。衝動買いっていうのもあり、あまり期待せず届くのを待っていました。

SE846の受け取り後、スマホで音楽を聴きましたが、ファーストインプレッションは素直に音が良く、音場が広いでした。そのあと、バランス接続に変え、音楽プレイヤーでSE535と聞き比べをしました。SE846がすべてにおいて圧倒的でした。解像度、高音と低音の出、音場の広さ。そしてあれだけ素晴らしいクリアな音をしていたSE535も、SE846の後には音に曇りを感じました。

スポンサーリンク

以前中華製イヤホンKZ ZSRをSE535と聞き比べた際にはまだKZ ZSRは聞けた音でしたが、SE846の後とではとても霞んだ音に感じ、もはや100円のイヤホンで聞いているのではないかと思うほど違いを感じました。さすがにKZ ZSRはそこまで悪いイヤホンではないので、しばらく聞いていると慣れてきこれも悪くないかと思えて来ますが、、、、。

SE535を持っている人がSE846に買い替えるメリットはあるのかと視点でいうと、音質と言うすべてにおいてSE846が凌駕しているのは間違いないです。またSE846は音質を変えることができるフィルターもついており、それだけでも好みの音質に近づけることができると思います。

ただ、SE846が壊れたら次はSE535を使い続けると思います。値段相応に音質がアップしているかと言うと、そうなのかもしれませんが、通常の使用ではSE535でも満足できますし、お財布にも相当優しいですから。

SE846は鋭い低音がずっしりと体に響く感じがします。そのため、SE535より、ベースの低音とバスドラムの音がはっきりと分かれて聞こえます。バスドラムの場合ドーンと体に響く音が小さなボリュームでも感じます。そのほかの特徴は、他の人の記事でもありましたが、ボーカルの息遣いが近く、目の前で歌っているかのように細かな音のカスレが届きます。ここまで息のカスレ音を再現できるのかと感動ものです。また、SE846の解像度も重なり、楽曲の音の厚みをしっかりと再現しており、SE535では感じられない音も聞くことができ、アーティストが本来表現していた音を改めて聞くことができ、こんな曲だった、こんな声だったのだと改めて感動するところです。

スポンサーリンク

コメントを残す