日常の感動⑯ 東京で値切る

西日本では、特に大阪では物を買う時に値切るということがよくあります。海外のお土産屋さんでも、これは同様です。東京で値切るということをあまり聞かないのですが、本日は値切ることができたので紹介いたします。

冬になり、足元が冷える中、ブーツが欲しいなと思っていました。昨日も靴屋さんを回ったのですが、気に入るものがなく、本日も朝早くから靴屋さんをめぐることにしました。上野に行けば、何件も靴屋はあるしと、アメ横をぶらぶらしていました。

何件か靴屋さんを巡ったあと、気になる靴がやっと見つかりました。価格も許容範囲で、あとはレジで支払うだけです。その靴をくださいと店員に伝えたところ、展示品が最後の一足とのことです。

展示品をそのまま買ってもよかったのですが、若干靴底の汚れが気になり、展示品なので安くなりませんかと尋ねたところ、店員も悩んだ末5 %引きを提案してくれました。もともと買うつもりだったので、即答で買うと伝えました。レジで支払う時に、店員さんから、最後の一足の展示品ということもあり、10 %引きにしますとさらに値引きしてくれました。もともと年末商戦で値下げしているものをさらに安く買えました。

さすがにクレジットの支払いは嫌がられるなら、現金で支払うつもりでしたが、クレジット支払いも快くオッケイしてくれました。

帰りの電車の中で、年末商戦とはいえずいぶん安く買えたので実はもともと安く売られている靴なのではないかと思ってしまし、家に帰り通常の販売価格を調べてみると、、、えっ?と驚きました。値引き前のシールの金額とほぼ同じ値段でアマゾンで売ってました。ということは、展示品とはいえアマゾンより36 %も安く買えたことになります。いやー、今日もついてます^^

靴屋を後にすることには、12時近くになっており、お腹も減って来たことからアメ横で食事をしようとおいしそうなお店を探していたところ、この寒い中こじんまりとしたラーメン店に行列ができています。価格も東京の値団体からして安いと言わけではないのにと思いましたが、これは味に期待できると僕も並ぶことにしました。

焼きあご塩らー麺というお店で、結局20分ほど並び、920円の味玉付き塩ラーメンを食べました。スープがとても熱く並んで冷えた体にぴったりで、味も行列ができるのもわかるくらいおいしかったです。

おいしい食事をした日は一日が得をした気がします。特に今日は、靴もかなり安く買えてずいぶんいい日だなと思います。

話がずいぶんそれましたが、東京でもお店により、最後の一品や展示品は値切ることは可能だということですかね^^たまには、今回みたいにダメもとで安くしてと言って見るのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする