写真で感動すること⑪ キャノンのストロボコードを富士フィルムカメラに

僕はX-E2にストロボとしてEF-X20を利用しています。EF-X20は軽いため機動性は抜群なのですが、ストロボを当てる角度を変えることができないという欠点があります。正面から強い光を当てると、のっぺりとした写真になってまうため、ケーブルを使い角度を変えて光を照射したいと思うようになりました。

純正ケーブルの価格を見て、高い・・・この一言に尽きます。たかがケーブルと甘く見ていました。それならば、非純正であっても、TTLと呼ばれる自動調光という便利な機能を使えるオフカメラシューコードはないかとネットで検索を開始しました。

すると面白い記事がありました。富士フィルムのストロボとキャノンのストロボの端子が同じ形であり、それぞれ互いのオフカメラシューコードで代用ができるというものでした。へー、と思いながら記事を読み終わり、すぐにアマゾンでコードを買うことにしました。

DSLRKIT オフカメラシューコード (Canon OC-E3 互換品 600EX-RT 580EXII 430EXII 320EX 270EXII 等 対応)3mというものを買いました。さすがにネットの記事ですし、半信半疑で使えたら安く得したと考えるようにしました。

商品到着後、カメラとストロボの間にコードを装着しました。確かに、端子の形が同じです。そして恐る恐るストロボ撮影を開始しました。まずは適当に撮影し、フラッシュ撮影ができることを確認しました。次に、カメラ本体とストロボ側で撮影条件を変更しながらTTLが機能していることを確認しました。

ネットでの記事は本当で、キャノンのストロボコードは富士フィルムで使えました。さて、それなら富士のストロボEF-X20は、キャノンのカメラで使えるのでしょうか?また、キャノンのストロボは富士フィルムで使えるのでしょうか。キャノンのストロボが富士フィルムで使えるならば、たくさんのキャノン製以外にサードパーティ製のストロボが使え、ストロボの選択範囲が大いに増え富士フィルムカメラの利便性が増えますね。試した方がいらっしゃったら結果を教えてください^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする