写真で感動すること⑨ XF27mmのレビューをまとめてみた

僕はフジフイルムのカメラユーザーであり、X-E2とXF27mmの組み合わせが好きです。今回は僕の常用レンズのXF27mmについて、某サイト2か所におけるレビュー40件以上について、様々な意見や見方、満足や不満がある中、1ユーザーとして同意できるものなのか、レビューの誤りなのか、代替案はないのかなどの視点で、XF27mmを勧める記事を書きたいと思います。街のフジフィルムユーザーを見ても、XF27mmはXF23mmやXF35mmに比べユーザーが少ないという印象ですので、この記事を機にXF27mmにも興味を持ってもらえたらと思います。


■ある人のレビュー
XF27mmはフードが付属していない点がマイナスである。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmの最大の特徴はパンケーキレンズであり、小柄で携帯性が抜群なことです。そのため、仮にレンズフードが付属したとしても、特徴である軽さなどを犠牲にして、レンズフードを持ち出すのかという疑問がでます。必要な人はオプションで買えばいいと思います。レンズフードを付けず、その分定価を下げていると考えると、プラスだと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmは解像度が高く、X-Transと相まってAPS-Cとは思えない絵がとれる点が良い。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmの解像度は極めて高く、トリミングを行い等倍率で写真を加工しても十分に利用できるレベルです。ここまで解像度が高いと、シグマのカメラ同様にフルサイズでなくてもいいと思えます。

■ある人のレビュー
XF27mmは単焦点としてはF2.8と暗い点がマイナスである。

☆上記レビューに対する僕の意見
F2.8は暗いレンズとは思えません。某レンズメーカーの単焦点レンズは普通にF2.8のものも多いです。フジフイルムのキットレンズがどのF2.8から始まるので、暗い単焦点だと思ってしまうのだと思います。付属のキットレンズがすばらしすぎてXF27mmのF2.8が残念に思ってしまうのは何となくわかります。仮にF2となると、レンズ口径が大きくなるため、重くなることは避けられないので、軽さとの関係でこれはこれでいいのかと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmはボケ味が自然で特に違和感を感じません。

☆上記レビューに対する僕の意見
僕もボケに関して違和感を感じたことありません。ほどよくボケており、背景を生かした撮影が可能だと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmの全体的な造りは素晴らしいです。一部樹脂を使っていますが マウント部を含め重要部分には金属が使われ高級感があります。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmにプラスチックの安物感はありません。X-E2との組み合わせでは、一昔前のコンパクトなフイルムカメラのような外観となります。金属の部分は黒塗りされており、岩などに強くこすった場合には、塗装部分が剥げてしまいますが、通常の用途ではぶつけたりしないかぎり塗装がはげることはないます。

■ある人のレビュー
XF27mmのフィルター径は39mmで珍しいです。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF60mm も39mm口径です。保護フィルターやPLフィルターなどの使いまわしができます。

■ある人のレビュー
XF27mmは四隅が若干解像度が落ちますが、歪曲、収差ともに非常に優秀なレンズだと思います。

☆上記レビューに対する僕の意見
広角側のレンズは、基本4隅の描写が悪いものだと思います。これはXF27mmに限っての話しではなく、どちらかといえばこの価格と大きさで、若干の解像度落ちにとどまっていることはすごいと思います。歪曲、収差について僕も不満は一切ありません。F5.6以上に絞れば4隅の描写の若干の悪さはおおよそ改善します。

■ある人のレビュー
XF27mmはズバリお買い得のレンズです。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF23mmとXF35の間のため、XF27mmは基本性能的に目立ちませんが、僕自身XF27mmを買って良かったと思います。価格に対して写りはぴか一です。コストパフォーマンスではトップクラスだと思います。そして27mmという焦点距離のため、23mmと35mmのレンズ購入に興味を失い、レンズ沼に落ちることもなくなりました。

■ある人のレビュー
XF27mmは絞りリングが無いので少し使い勝手に慣れが必要な点がマイナスです。

☆上記レビューに対する僕の意見
絞りリングはあれば便利だと思います。しかし、あると重くなるしカメラ本体側での絞りの調整は、簡単にできるため大きな問題ではありません。

■ある人のレビュー
XF27mmはお散歩レンズには最適だと思います。このレンズのおかげで単焦点の良さを知りました。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmは気軽なスナップ写真には最適で、フジフィルムユーザーにはこれ以上のレンズはないと思います。焦点距離も35mm換算41mmであり、自ら歩いて構図を考えたりしなければいけないため、単焦点の良さだけではなく、写真を撮ることの面白さも感じられるレンズです。

■ある人のレビュー
魔法のレンズと言われているフジ35mmや23mmと比べて、27mmではマジック写真は撮れません。つまり、普通にしか写せないという自分の腕前を知らされるレンズだと思います。

☆上記レビューに対する僕の意見
普通に撮れて普通に写るレンズです。奇跡の写真とかボケによる技法ではなく、使い手の実力がわかるレンズというのは同感です。魔法のレンズという感覚はありません。普通の写真を量産している感じがしますが、落第点の写真も少ないのも事実です。

■ある人のレビュー
XF27mmは平べったいレンズのおかげで、カメラを気軽にカバンに放り込んで持ち運ぶようになりました。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmは小さめのバックにも容易に入りますし、カメラを肩から斜めがけをし、軽いスポーツ程度なら、それほど邪魔にならず、スポーツそのものを楽しめます。

■ある人のレビュー
XF27mmを使用してから、写真を撮るスタイルがスナップ写真に変わってしまった。旅行にもこれだけを持っていくことが増えてしまった。

☆上記レビューに対する僕の意見
このレンズ一本で旅行は十分可能です。撮り方次第でおおよそどんなシチュエーションでも撮影で困ることはないと思います。

■ある人のレビュー
人間の視野に近いという 27mm(35mm判換算:41mm)この画角がいいかな?と思いXF27mmを購入しました。そのため写す物のテーマなどを決めて撮らないと、面白くない、ただ目の前を写真に残したに過ぎない写真となります。

☆上記レビューに対する僕の意見
見た目の通りに撮れることは、やはり何となく目の前の風景や物を写真にしただけのものが多くなります。しかし、すばらしいものをすばらしい状態で普通に写真に残せるのもこのレンズの特徴ではないでしょうか。また、普通なものを素晴らしく撮るという楽しさも味わえるようになり、写真を楽しむ機会が増えました。

■ある人のレビュー
XF27mmはカメラ勉強中の人には、技術向上用にもいいレンズではないでしょうか?

☆上記レビューに対する僕の意見
DP2を長く使ってきた経験から、標準レンズの画角縛りは写真技術向上に大変役に立ちます。いろいろと試行錯誤を繰り返し、実力がついてきたと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmの軽さとコンパクトさは女性に魅力的な要素です。

☆上記レビューに対する僕の意見
男性でも長い時間重たいカメラを持ち続けることは苦痛です。特にカメラとレンズの総重量が軽くなるこのレンズは女性だけでなく男性にもおすすめです。

■ある人のレビュー
XF27mmは寄れないと言うレビューを見たこともあり、そこが気になって購入まで時間がかかったのですが、30cmくらいまでしか寄れないです。

☆上記レビューに対する僕の意見
XF27mmは確かに30cmくらいまでしか被写体に近づくことができません。そのためオークション物撮りする際には撮った写真をトリミングするか、クローズアップレンズをつけ接写するかとなります。どちらも試しましたが、もともと解像度が高いレンズのため、画質低下も比較的抑えられ、気になる点はないはずだと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmはピント合わせにググッというけっこうな音がして気になります。

☆上記レビューに対する僕の意見
気になるほどの音の大きさではありません。すぐ慣れます。

■ある人のレビュー
XF27mmはフジのレンズですから品物は優秀です。

☆上記レビューに対する僕の意見
フジフイルムのレンズは、どれも評価が高く当たり外れもなく、なにも気にせず買える点が魅力だと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmはコストを抑えたMade in Chinaです。

☆上記レビューに対する僕の意見
中国で作りコストを抑えているだけで、作りが雑なわけではありません。製造業において、海外生産を行うのが普通ですし、フジフイルムだけの話しではありません。一般的に昔のように中国で作ったから質が悪いというのは最近では感じられません。調べれば、身の回りにある物のほとんどが、全部または一部が中国が関わっています。

■ある人のレビュー
XF27mmは背景がきれいにぼけて人物の写真が本当に綺麗に映ります。大満足です!

☆上記レビューに対する僕の意見
さすがフジフイルムという感じで、肌がきれいに写ります。またボケもほど良い程度です。さらに必要な部分をトリミングすれば、ボケは相対的に大きくなるので、F2.8だから、ボケが少ないという不満はありません。

■ある人のレビュー
XF27mmは色のりがより自然で、自分の操作がダイレクトに反映する。ポケットにすら入る大きさですし、一本持っていて決して損はしないです。

☆上記レビューに対する僕の意見
見た目だけではなく、写真の色合いも素晴らく、自然のままによる写真だと思います。ポケットに入る大きさのレンズであり、旅行のメインレンズの故障時の保険レンズにもなります。

■ある人のレビュー
XF27mmは遠景撮影(F5.6~8)ではD810とZeiss以上の解像感を覚えます。コンスタントに85点(限界点でもある)をたたき出せるレンズという印象です。

☆上記レビューに対する僕の意見
夜間、雨、霧などのどんな状況で撮影しても、写真の解像度に不満を感じたことはありません。XF27mmの解像度はトップクラスだと思います。

■ある人のレビュー
XF27mmで減点すべき対象項目が見当たらないです。描写の味という面から考えると、その味が若干薄い傾向は否めません。良く言うとクセが無いです。

☆上記レビューに対する僕の意見
クセのないレンズだからこそ、だれが使っても満足できるレンズだと思います。

■ある人のレビュー
AF速度について、Xシリーズの交換レンズの中では早い方だと思いましたが、それでも決して早いとは言えません。

☆上記レビューに対する僕の意見
フジフイルムのレンズ自体が他のメーカーと比べAFは遅いです。ただ1秒とかそういうものではなく、ごくわずかな一瞬の違いだと思います。早ければ早いに越したことはありませんが、個人的には許容範囲ないです。

どうでしょう。たくさんのレビューを読みましたが、総じてポジティブなコメントが多かったと思います。誰かのレビューのように、XF27mmは何一つ減点評価する点がないが、特徴的な点は携帯性以外はないというのが、端的な表現なのでしょうか。これからも色々な話題で、XF27mmの魅力を伝えていけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする