日常の感動⑥ 驚きの目薬 メディカル12とメディカル10の違い

本日は感動的な目薬の紹介をしたいと思います。参天製薬から発売されているメディカル12についてです。なお、僕は医学的な経験や資格を持ち合わせていませんので、あくまでも個人的な感想として読んでいただければと思います。目薬を使用して感動したことはあまりないと思いますが、自分でも驚くぐらいです。

パソコンやスマホの使用時間が長くなる中、目薬を使う人も多いと思います。僕は1日に何回か目薬を使ってます。ただ何となくし、目薬をさしていますが、ドライアイなどの乾燥以外に対しては、疲労回復効果を実感できた目薬はありませんでした。

薬局の目薬コーナーで、1,500円程度するメディカル12を見つけ、今までの経験からその眼精疲労への効果に対して半信半疑ながら、せっかくなので一度はこのような高い目薬を試してみようと思い購入しました。

目薬をさしてすぐに実感したことなのですか、視力が上がった気がしました。最初は高い目薬をさしたので、プラシーボ効果が出ているのではないかと思ったぐらいでした。仕事で目を酷使した後にかれこれ1年以上をこの眼薬を使っています。そのたびに思うのですが、やはり視力が上がっていると感じます。疲れがとれる感じですが。

僕は視力がとても悪く裸眼では 0.01以下で、通常の生活では眼鏡が必須となっています。そんな僕が目の疲労を感じた時に、メディカル12を使用するとかすんでいた文字がはっきりと見えるようになります。このような目薬は初めてです。

例えば祝日など目を酷使しない時に使うとどうでしょうか。このときもやはり視力が回復したなと思います。一度使ってみるとその効果を実感し、この目薬を手離せなくなりました。

一方で、プラシーボ効果が継続しているのではないかと疑問に思うこともあり、ほかの人の意見を参考にしたいと口コミを調べてみました。すると僕と同じようによる視力が一時的に回復したという意見が多く見られました。やはり僕だけではなかったようです。

多くの目薬を使用してきて何となく効果があるのかなというようなものは多いと思います。メディカル12は、なんとなくを通り越して他の目薬と違うと実感していました。

そのほか口コミには、真っ赤になった目の充血が一瞬で引いたという意見もありました。これだけ見ると怖いなあと正直思いました。知らず知らずのうちに1年間以上使ってきました。この口コミの真偽を確かめるため、実際に目が赤くなったときに使用してみました。すぐに赤い血管が消えていきました。驚きの効果です。

メディカル12に効果があることがわかったにせよ、目薬に1,500円程度支払うのは高すぎると感じていました。安いものでは300円ぐらいでも目薬は買えます。そこで目を付けたのが、メディカル10で、1,000円程度で買うことができます。これでも高い目薬には間違いありません。

メディカル10でメディカル12と同じ効果があれば、次回から節約のためメディカル10を購入しようと思ったのですか、今まで使用してきた目薬との違いはよくわかりませんでした。1,000円も払ったのにと残念な気持ちになりました。どうせ高いお金を払うならば、その効果を実感する目薬を使いたいものですね。二つの薬を使ってみて、500円の差ならメディカル12を僕なら選びます。大げさかもしれませんが、この眼薬をつかってから、目の疲れがなくなりました。

なお口コミにもあるように、メディカル10とメディカル12ともに、目薬をさした直後に若干の苦みと甘みを感じます。そしてほんのり赤い痰がでます。そのため食事の前には目薬をさすことは避けたくなります。

メディカル12は、目薬なんて何を使っても同じだとおもっている方にはぜひ試してみてほしいです。少し高いのがネックですが、個人的な感想かもしれませんが一時的にも視力が回復するという効果を実感できるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする