写真で感動すること② 富士フィルム XF27mmの良いところ①

僕は富士フィルムのユーザーでXE-2を使っています。このカメラにはキットレンズとして18-55mm F2.8-4のとてもすばらしいズームレンズがついてきます。他の人が述べているように、このレンズはキットレンズのレベルではないくらい綺麗に写真が撮れます。最悪これ一本でも十分だと思うくらい素晴らしいレンズです。

XE-2とXF18-55mm F2.8-4の組み合わせで重さは650g程で、ペットボトル一本分プラスで重さはさほど気にならないので、機動性も抜群です。しかも手振れ補正付きと来ており、暗所撮影でも出番が多く、万能エリート君です。成田山での写真になりますが、こんな感じの重厚な写真もキットレンズで撮れてしまいます。キットレンズとは思えないくらいシャープな写真です。他のメーカーではF3.5-5.6のキットレンズが多いなか、富士フィルムは頑張っていると思います。

僕はこの他にXF10-24, XF27mm, XF60mmのレンズを3本持っています。しかし、キットレンズのXF18-55かXF10-24かXF27mmの一本あれば十分だと考えています。この4つのレンズの中で特におすすめがXF27mm F2.8です。巷では一番中途半端なレンズでXF35mm F2やXF18mm F2に比べ特徴がないため、不人気ですがもっと注目されてもよいレンズだと思っています。XF27mmが気になっているけど、あまり情報ないしーと思っている方には全力でおすすめします。賛否はあるかもしれませんんが、僕が思うXF27mmのすばらしさを思う限り挙げてみたいと思います。

XF60で撮影。

① 軽いこと
カメラにとって軽いは正義だと思います。僕は旅行へかなり行き、たくさん歩きます。山、川、都会で数時間歩くことは珍しくありません。そんな中、600gを超えるカメラをその他の荷物と一緒に持ち歩くのは苦痛でしかありません。そのため、機動性のため、iPhoneでもよいやっていう選択肢は良くわかります。

しかし、XF27mmは80gと軽いため、XE-2の組み合わせでは500gを切ります。ペットボトルより軽いです。重くありません。

ミラーレスが一眼レフと比べ軽いといっても、重いものは重いです。僕のこの組み合わせに、これってミラーレスなのって疑問に思う女の子がいたので、実際に持ってもらいましたが、この軽さと次に説明する小ささに驚いたみたいです。

XF27mmの一番の魅力を一言でいえば軽さです。

② 小さいこと
軽いから小さいのか、小さいから軽いのかはともかく、小さい事も正義です。小さいとカバンにも入りやすいですし、カメラとレンズの組み合わせのTの字のような形が一のようになるのは大変魅力的です。小さなカバンにいれて持ち運びが可能です。

③ シャープであること
僕は基本的にシャープなレンズが大好きです。画が緩い写真をシャープに加工は難しいです。しかし、もともとシャープな写真は緩くもたやすいです。下の写真とXF18-55とを見比べてほしいのですが、XF27mmの方がかなりシャープではないでしょうか。上の写真はF5.6で、下の写真は絞り開放のF2.8でF値もかなり違いああります。さすがズームレンズと比べるのは無理がありますが、キットレンズと画角がかぶっていても十分にXF27mmを所有する価値があると思います。

また次のような特徴もあるのですが、また次回^^

④ 27mm(35mm 換算41mm )
⑤ 歪みが少ないこと
⑥ ピントが合いやすいこと
⑦ ブレにくい F2.8こと
⑧ 激しい運動に耐えうること
⑨ 撮影相手に警戒されないこと
⑩ 目立たない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする