写真で感動すること どのメーカーを使う?おすすめは富士フィルム

最近ではインスタグラムやブログのために、ミラーレスや一眼レフで写真を撮りたいと思っている人が多いのではないでしょうか。また、メーカーもキャノンにするかニコンにするかとか悩みもありこのブログにたどり着いたのではないでしょうか。カメラ歴10年以上で、キャノン、シグマ、ソニー、富士フィルムの4メーカーの一眼レフとミラーレスを使ってきた私の経験や考えが参考になればと思います。それぞれの違いの写真はあえて載せませんが、興味があればグーグルで画像検索をしてみてください。きっとお気に入りの写真が撮れるメーカーが見つかると思いますよ^^

ミラーレスや一眼レフはiPhoneで写真がきれいに撮れるから要らないという人がいますよね。僕もその意見に同感です。一昔前の携帯電話と違ってiPhoneで撮れる写真はとてもきれいで、一瞬ミラーレスで撮ったのと思えるような写真も数多くあります。また、iPhone一つでそのような写真が撮れるのなら、重たいミラーレス等を持ち運ばなくて済むので、それも選択肢の一つだと思います。そんな考えの僕が何故ミラーレス一眼等を使うかは、やはりスマホでは撮れない精密な写真や、連射、接写、超広角写真、ズームによるボケ写真などが撮ることができ表現のバラエティが格段に増えるからです。そのためスナップであれば携帯性優位のスマホが最適と考えています。

へー表現の仕方が格段に広がるんだねーって思うかもしれませんが、確かにそうですが撮影技法もたくさん学ばないとだめで、一眼レフなど買ったからと言ってすぐにバラエティに富む写真が撮れるわけではありません。勉強あるのみなのです。

次に多くの人がぶち当たる疑問なのですが、メーカーによってどう写真が変わるのというところです。ぶっちゃけどのメーカーでも良いと思いますし、自分の好みの写真が撮れるメーカーにするのが答えです^^。大抵のカメラマンは自分が使っているメーカーのカメラを勧めます。それはその人にとって確かに使いやすいからですし、満足のいく写真が撮れるからです。私の場合は、間違いなく富士フィルムをお勧めします^^

ニコンとオリンパスは使用したことがないので、記述することはできませんが、メーカーによって操作方法がまず全く違います。操作方法なんて慣れもありますが、この辺りも相性があります。

さて、メーカーによって写真写りは違うのかというところですが、かなり違うと思います。初心者は、キャノンかニコンから始める人が多いのですが、それは万人受けする画のためだと思います。両社にも写りの違いは明白で、二つ並べれば、どちらで撮ったかは分からなくても、違いは簡単にわかると思います。そんな僕も初めての一眼レフはキャノンで、単焦点レンズで写真を長らく勉強しました。キャノンは万人受けする画で、欠点も見つからない優等生だと思います。仮に、富士フィルムのカメラがこの世から消滅すれば、キャノンユーザーに戻ると思います。

さて、次に使用したのがシグマです。シグマのカメラは、空気まで撮る写真と言わるほど解像度が高いのが特徴です。重厚な建物、空気、人、森、霧等に加え金属の描写にまで、目の前にあるのではないかと思うくらい、精密に写し撮ります。一度この写真を観てしまうともう引き返せないぐらいの違いがあります。ただし、このメーカーのカメラはなかなか曲者で、通称じゃじゃ馬娘とも言われているほど扱いにくいのです。中級程度の実力だとなかなか、思い通りの画にならないとイライラするのではないかと思います。何枚かに一枚しか使える画が得られないという欠点があります。つまり、解像度以外は落第点との評価もあり、とても癖のあるカメラでありますが、唯一無二の写真が撮れる魅力的なカメラです。

シグマで相当なストレスをため込む中、ソニーのミラーレスに手を伸ばしてしまいました。さすがは総合家電メーカーであり、テレビとも連携しやすいという特徴や、操作方法も簡単です。さらに、連射機能やオートフォーカスや高感度も実用的で特に嫌な点はないのですが、個人的になぜか写りが気に入らないのです。表現が難しいのですが、写りが白っぽいというか、色が薄いというか、シグマの高解像度に魅了された後なので、どうも相性がソニーとは合いませんでした。旅行中にカメラを落とし、修理代がかなりかかるので、別のメーカーのカメラを探すこととしました。

この時点でカメラ歴も長く、何が写真の画に影響を与えるか知っていたので、各カメラでどのような写真が撮れるかネットで検索してから、購入を決めたのが富士フィルムです。写真はカメラ本体×レンズの組み合わせでかなり写りが変わってきます。写真はレンズで写りが変わるというのはすぐに実感できますが、それ以外に、例えばキャノンであっても機種で若干の違いがあります。そのため組み合わせはとても複雑なのです。

そんな中、ネットで他者の作品を観賞しているうちに、他の写真と写りが明らかに異なるものを感じたのが富士フィルムです。シャープな画とともに色鮮やかなコントラストが心地よい写真という表現でしょうか。事実、キャノンユーザーの友人からは、僕の写真はコントラストが強く、はっきりしていると感想を受けることが多いです。これがメーカーのクセだと思います。

そしてカメラボディーなのですが、一見すると時代に逆行したクラッシクなデザインでダサいと感じたのが正直なところです。一言でいえば、フィルム時代のカメラでしょうか。カメラ本体のデザインは長く使う上では重要です。しかし、富士フィルムのカメラで撮れる写真に魅了され、デザインのダサさは無視して、XE-2というカメラの購入に踏み切りました。使えば使うほど味が出るカメラで、今ではデザインのダサさもこのカメラの魅力になりました。街で富士フィルムユーザーはデザインからでもすぐにわかるのが特徴です。

写真歴が長くなり思うことですが、どのメーカーも日本が世界に誇る一流メーカーです。シグマは聞いたことがない人もいるかもしれませんが、ドバイに旅行した時にシグマでモスクを撮影していたら、シグマユーザーなんて珍しいね、写真歴は長いのかいって声を掛けられました。写真家の特性なのかもしれませんが、他人のメーカーが気になるところも、あるあるかもしれません。

話がそれましたが伝えたいことは、正直どのメーカーでも素晴らしい写真は撮れるということです。大切なのは撮り方です。よく初心者はキャノンかニコンから始めたほうが良いという言葉もあります。しかし今ではネットで情報を簡単に得ることができるので、自分にあったメーカー探ししてみるのも楽しいのではないでしょうか。基本キャノンユーザーはキャノンを勧めますし、ニコンユーザーはニコンを勧めます。僕は富士フィルムが最高だと思っているので、カメラメーカーで悩んでいる人には富士フィルムを勧めます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする