音楽で感動すること③ 世に埋もれた天才ミュージシャンの紹介

昨日は、SHUREのイヤホンを紹介しましたが、今日は是非皆様に知ってもらいたいミュージシャンがいます。INSTANT ROMATIC FLOORと言う女性ボーカルと男性二人のグループです。聞いたことがない人が多いのではないかと思います。それもそのはず、韓国のミュージシャンで現地でも他のグループと比べ知名度があるように思えませんし、ここ日本ではほぼ知られていないと思います。

私が初めてこのグループの曲を聴いたのは、10年以上前に韓国を旅行していた時に偶然どこかのお店で聞いたのですが、思わず立ち止まって聞くほどノリノリの曲でした。Jazzを彷彿させるような、さわやかなドラムのビートに、透き通る女性のボーカル、張りのある男性ラップと、若干やる気のなさそうな淡々と続くラップに、猫のなき声がところどころ入り、なんておしゃれな曲なんだろうと感動しました。パリのカフェでも流れていもおかしくないくらい素敵な曲です。この曲は今にSE535で何度も聞きなおしても、よく作りこまれており、この手の曲は後にも先にもこの曲だけではないかと思える素晴らしさです。

さて韓国の音楽と言うと、今や歌やダンスのうまさで知れ渡り、高い期待を抱くかもしれませんが、このグループの作品は少し異なります。圧倒的な歌唱力とかキレキレのダンスパフォーマンスで魅了するわけではなく、曲そのものがどこかでありそうでどこにもなさそうなつくりとなってます。すべての音楽を網羅できるわけもなく、過大表現はあるかもしれませんが、曲の表現は天才だと思っています。個人的にはもっと評価されてもよい天才的ミュージシャングループの一つではないかと思い、ここに紹介させて頂きました。音楽で感動を皆様と共有できたらと思います。

このグループの特徴は、切れがあるおしゃれなリズム伴奏でしょうか。ハイネットとピアノ等の音の重なりに傾聴してしまいます。三人でボーカルとラップを担当しているのですが、声の交差が素晴らしいです。それぞれの声の良さが活かされ、主のラインの奥でポッと出てくる声にも注目です。曲を聴くだけで仲のよさそうなグループって感じで、音楽を楽しんでいそうです。

今回特に紹介したい曲であるLov Punchという曲をユーチューブ上で検索してみたのですが、実はアップがないという状況でした。itunesでは、ありましたのでそちらでお楽しみいただけたらと思います。なお、この曲はたくさんのアレンジバージョンがあり、無印の曲の視聴をお勧めします。このLov Punchは、綺麗なハイネットの永遠と続くリズムとバックで流れるピアノ音と猫の鳴き声の繰り返しの心地よさを感じてください。

さて、同じくらいおすすめはInstant caféという楽曲ですが、先ほどと同じような曲調ですが楽器が異なります。ギターのリズムがしっかりあり、かすかにピアノのコード弾きが聞こえます。この曲もハイネットのリズムが永遠と続くところが印象的です。

次はBic Vic Partyという楽曲です。こちらは曲のハネ感がとてもあります。人を選ぶ曲かもしれませんが、このグループのセンスの良さを感じれます。ボーカルやラップ部分で何重にも交差する声に注目の作品です。

My Allはとてもかっこいい曲です。一瞬どこにでもありそうな曲ですが、やはりボーカルとラップに交差する複数の声がとても幻想的です。ギターのカッティングにも注目です。

Romantique Summerは、まさにこのグループの良さを全面的に出した楽曲で、とてもかっこいいです。このグループしか歌えない楽曲だと思います。かっこいい伴奏に合わせて3人の特徴的な声が交差するのは鳥肌ものです。曲作りも素晴らしく、聞けば聞くほど味が出る曲です。いろいろなところで声との交差を意識しているような、演奏を聴くことができます。海辺や秋のドライブに最適なとても爽快なラップが続きます。なんか聞いていると仲間と過ごす楽しさ感じるとともに、この3人の仲の良さがひしひしと伝わってきます。Lov Punchと併せ特におすすめの楽曲です。

Ma Ma Discoは今までと若干曲調が異なり、ダンス風のアレンジとなっています。この曲は3rdアルバムにあるのですが、個人的には、セカンドアルバムまでの曲がすきで、3rdですべての曲調がダンス風に変わっています。好みの範囲かもしれませんが、このグループの持つ声の重なりや、仲の良さが薄れた気がします。

以上、INSTANT ROMATIC FLOORから6曲紹介させて頂きました。同様な曲調のアーティストがいれば是非コメント欄に記入し教えていただき、皆様の感動を一緒に味わいたいと思います。また、評判が良ければ、今後も世に埋もれたミュージシャンの紹介をしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする